葬祭ビジネス市場動向2012

【葬儀施行数の増加と葬儀単価の下落に揺れるマーケットの徹底分析】

発刊日:2011年8月10日 体裁:B5版 433ページ + CD-ROM

(※弊社から直接販売のお客様特典となります)

価格:60,000円+消費税

~ごあいさつ~

2011年3月の「東日本大震災」により東北地方、特に岩手・宮城・福島県は甚大な被害を受けた。亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、その様な状況下で本書籍の調査にご協力いただいた企業様には厚く御礼申し上げたい。

年々増加する死亡者人口を背景に、葬祭ビジネス市場には様々な業界から参入する新規企業が多くある。それらの企業と既存の企業間で競争が激化し、淘汰され、ここ3年でも多くの企業が倒産・転廃業、吸収合併されている。情報化が進んでおり、自社サイトの保有や消費者が望む情報を発信すること、価格やプランの明瞭化はもはや当たり前であり、当然のことながら努力を怠った企業はふるいにかけられ消えていく。

その一方で「家族葬」や「直葬」は前回調査よりもさらに増えている。高齢単身世帯の増加、核家族化、地域社会との関係性の希薄化、知人・友人が減ることによる会葬者の減少などがさらに進行し、よりコンパクトな葬儀の需要が拡大していると考えられ、結果として葬儀単価のさらなる下落傾向が見られた。

この様な事を背景に、死亡者数の増加により葬儀自体は増加しても価格の下落傾向がある為に、葬祭ビジネス市場は緩やかな拡大傾向にあると予測される。

今回で6回目の発刊となる『葬祭ビジネス市場動向』だが、本書籍は前回よりもボリュームアップした内容となっている。前提知識となる人口動態や、葬儀社・互助会の現状、自社調査データから見る業界分析に加え、葬祭ビジネスに関連する企業9社のケーススタディを盛り込んだ。さらに全国の葬儀社・互助会1,098社と周辺企業211社を掲載した。

ご購読各社にて、是非とも本書籍を営業拡大活動やマーケティングの為の資料として活用していただきたい。

~INDEX~

第1部:業界動向分析編
第1章.人口動態
1.出生者・死亡者の推移と予測
2.国内総人口の推移と予測
3.死亡場所の変遷
4.都道府県別の死亡者数・死亡率・場所別死亡
5.老年人口の推移
6.2010年の都道府県別の年齢3区分構成比と老年人口の推計(65歳以上)
7.世帯数・世帯人員・世帯構成の変化
8.65歳以上世帯員がいる世帯の変化
第2章.葬祭ビジネス市場の現状と将来予測
1.統計データから見た葬儀業界
(1)都道府県別葬儀業と互助会の事業所数の推移
(2)「特定サービス産業実態調査報告書」から見た葬祭ビジネス市場
(3)都道府県別火葬・墓地管理業に関する事業所数と従業者数の推移
(4)都道府県別の墓地・火葬場・納骨堂の推移
2.調査個表データから見る葬祭ビジネス市場の現状
~自社調査データ、葬儀施行数25万999件からの徹底分析~
(1)全国の葬儀費用及び香典返し・飲食代の平均
(2)全国企業別の平均葬儀単価の分布・現在の葬儀施行数の傾向・葬儀の単価の傾向
(3)都道府県別の葬儀の平均単価・葬儀施行数の傾向・葬儀の単価の傾向・地域情報
(4)葬祭ビジネス市場規模の予測
3.葬祭ビジネス市場の今後の展望
第2部:葬祭ビジネス市場ケーススタディ
ケーススタディ1:綜合ユニコム
ケーススタディ2:NPOりすシステム
ケーススタディ3:NPO家族葬の会
ケーススタディ4:日本ヒューマンセレモニー専門学校
ケーススタディ5:駿台トラベル&ホテル専門学校
ケーススタディ6:ビューティ花壇
ケーススタディ7:システムハウス福知山
ケーススタディ8:ウィルライフ
ケーススタディ9:日本香堂
第3部.調査個表編
1.葬儀社・冠婚葬祭互助会 1,098社
調査項目 「社名」 「業種」 「所在地」 「TEL」 「FAX」 「代表者名」 「設立」
「資本金」 「従業員」 「事業所数」 「仕入先」 「売上高3期間・前回比」 
「年間葬儀施行数」 「1件当平均葬儀費用」 「現在の葬儀施行数の傾向」
「現在の葬儀費用の傾向」 「補足」
2.葬祭周辺企業 211社
調査項目 「社名」 「業種」 「所在地」 「TEL」 「FAX」 「代表者名」 「設立」
「資本金」 「従業員」 「仕入先」 「販売先」 「売上高3期間・前回比」

検索・営業用CD-ROMが無料で付きます!>

※弊社から直接販売のお客様特典となります。

※動作可能OSはWindowsのみとなっております。

【CD-ROM検索内容】
①社名検索 ②所在地検索 ③新規掲載企業検索 ④従業員数検索 ⑤年商検索 ※周辺企業については①②③のみ
【エクスポート機能】
資料内の住所ID・社名カナ・社名・郵便番号・所在地・代表者名・TEL・FAXの以上8点がエクセル上に変換できる為、営業用データやDMの宛て名シールを簡単に作成することが可能です。全企業のエクスポートと、ピックアップしてのエクスポートが可能です。