日本をリードするアパレル企業と小売店2012

~売上高10億円以上のアパレル各社の実態と分析~

・発刊日:2012年1月5日 ・体裁:B5判 209頁 ・税込価格:45,000円+消費税

【ごあいさつ】

バブル経済崩壊後に起こった価格破壊ブームの後に、品質やデザイン性と手ごろな価格を兼ね備えた「SPA」という業態が非常に拡大した。この流れは2000年以降も続き、設立が1990年代や2000年代の企業で業績を拡大させるケースは多く見受けられる。

またここ数年は、かつては考えられなかった購入形態が非常に伸びている。即ちスマートフォンやインターネットを媒介とした、通信販売の部分である。実際に商品を手に取らないで購入するケース。実店舗で商品を見て触って、店ではなくオンラインで商品を購入する。またオンラインで新商品の情報やデザインを見て、実店舗で購入する等、消費者の動向は大きく変わっている。

この様な中でアパレル企業は、今後どの様な戦略を持って展開すれば良いかという問題は非常に大きくなって来ている。

本書籍は、製造業から小売業に参入していったワールド等のアパレルや、小売業から製造業にまで展開していったユニクロ等を含むSPA型企業等、広義の意味でのアパレル企業の情報を個表にまとめ、それらのデータの集計・分析を行った。これらのデータをアパレル企業や、周辺企業の皆様の戦略に少しでも役立てていただければ、これに勝る喜びはない。

最後にご多忙中にもかかわらず本資料作成にあたり、ご協力いただいた全ての方々に厚く御礼申し上げます。

目次

1 個表編(473社)

(調査項目:社名、業種、所在地、TEL、FAX、資本金、代表者、従業員数、設立、主要販売先、業績推移、直営店の有無、インターネット販売の有無、補足)

2 分析編

2-1 アパレルの現状の予測

2-2 個表データの売上高・利益高・利益率から見るアパレルの現状

2-2-1 日本をリードするアパレルの企業分布状況

2-2-2 売上高・利益高から見るアパレル企業

2-2-2-1 全国・地区別アパレル企業売上高・利益高推移2007-2010年

2-2-2-2 全国・地区別の2010年度アパレル売上高上位ランキング

2-2-3 利益率から見るアパレル企業

2-2-3-1 全国・地区別の2010年度アパレル利益率上位ランキング

2-2-4 直営店・インターネット販売の有無に見るアパレル企業の好不調

2-3 繊研新聞のデータに見るアパレル企業

2-3-1 業種別で見るアパレル企業

2-3-1-1 メンズアパレルの2010年度売上高ランキング

2-3-1-2 レディスアパレルの2010年度売上高ランキング

2-3-1-3 子供服卸・小売の2010年度売上高ランキング

2-3-1-4 全国専門店の売上高ランキング

2-3-2経常利益率に見る商品タイプ別アパレル企業の好不調

2-3-3 出退店に見るアパレル市場動向

2-4 アパレルの現状と今後の可能性

付属CD-ROM(エクセルデータ)概要

(※弊社から直接販売のお客様特典となります)

<抽出項目>
企業ID番号、社名カナ、社名、業種、〒、所在地、代表者名、TEL、FAX
上記9点のデータを、エクセルの”オートフィルタ”機能で、絞り込み検索・抽出・加工できるので、営業用データの作成やDM発送用の宛て名シールの作成が簡単に行え、ファックスDM・郵送DMが容易に可能となります。